二度の月(読み)ニドノツキ

デジタル大辞泉の解説

にど‐の‐つき【二度の月】

陰暦八月十五夜と九月十三夜の2回、月見をすること。関東地方では、片方だけの月見をすることを片月見と呼んで忌んだ。
江戸吉原での約束ごとで、紋日(もんび)の八月十五夜に来る客は必ず九月十三夜にも登楼し、一方だけの片月見を嫌ったこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にどのつき【二度の月】

8月十五夜の月と9月十三夜の月。昔はこのうちの一方の月見をして他方の月見をしないと不吉な事があるとして忌んだ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にど【二度】 の 月(つき)

① 一年に二度の名月。陰暦の八月十五夜と九月十三夜の名月をいう。
※浄瑠璃・用明天皇職人鑑(1705)鐘入「軒の燈籠二どの月、菊の節供や年の暮」
② 江戸吉原の紋日(もんび)である、八月一五日と九月一三日の両日に必ず登楼するならわし。客が一方の日だけに登楼することを片見月といって忌みきらう。
※黄表紙・莫切自根金生木(1785)上「初会のいりめ、裏約束、〈略〉『桃の節句やあやめふく軒の燈籠、二度の月』とかたりながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android