二朱金(読み)にしゅきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二朱金
にしゅきん

二朱判金ともいう。江戸時代金貨幣の一つ。一分金の2分の1で,1の8分の1にあたる。初鋳は元禄 10 (1697) 年で,以後天保3 (1832) 年,万延1 (60) 年に鋳造された。小判や一分金の流通を促す小額の補助金貨であるが,品位劣悪のため広くは流通しなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

にしゅきん【二朱金】

江戸時代の貨幣の一。二朱に相当する長方形の金貨。一両の八分の一。元禄・天保・万延の三種がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にしゅ‐きん【二朱金】

〘名〙 江戸時代通用の金貨。二朱は一分の半分、一両の八分の一に当たる。元祿一〇年(一六九七)発行の元祿二朱金、天保三年(一八三二)発行の天保二朱金、万延元年(一八六〇)発行の万延二朱金の三種がある。二朱。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android