コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二朱金 にしゅきん

3件 の用語解説(二朱金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二朱金
にしゅきん

二朱判金ともいう。江戸時代の金貨幣の一つ。一分金の2分の1で,1両の8分の1にあたる。初鋳は元禄 10 (1697) 年で,以後天保3 (1832) 年,万延1 (60) 年に鋳造された。小判や一分金の流通を促す小額の補助金貨であるが,品位劣悪のため広くは流通しなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

にしゅきん【二朱金】

江戸時代の貨幣の一。二朱に相当する長方形の金貨。一両の八分の一。元禄・天保・万延の三種がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二朱金の関連情報