コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重労働市場 にじゅうろうどうしじょうdual labor markets

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二重労働市場
にじゅうろうどうしじょう
dual labor markets

1970年代のアメリカで盛んに議論された分断的・二重労働市場論によれば,労働市場は第1次市場と第2次市場という二重構造に区分される。第1次市場は,相対的に高賃金,良好な労働条件,比較的恵まれた昇進機会,仕事上のルールの整備,雇用の安定といったことで特徴づけられる。第2次市場では,概して賃金や労働条件が劣っており,昇進機会も少なく,さらに労使関係は制度化されておらず,恣意 (しい) 的であり,相対的に失業率も高く,労働力の移動も大きい,といわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

二重労働市場の関連キーワード黒人問題鉄鋼業アラバール多国籍企業野村芳太郎フー[各個指定]芸能部門アモン・デュールアルトマン(Robert Altman)イエメン共和国

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android