五分月代(読み)ごぶさかやき

精選版 日本国語大辞典「五分月代」の解説

ごぶ‐さかやき【五分月代】

〘名〙 (「さかやき」は男子が前額から頭の中央にかけて髪を剃ったもの)
月代を剃らないで、わざと四、五分(約一・五センチメートル)の長さに延ばした髪型。浪人、病人、無頼漢などの風体
※洒落本・寸南破良意(1775)髪結「五分月代(コフザカヤキ)に、額りっぱに抜」
② 芝居の鬘(かつら)の一つ。月代が五分ほどのびたもの。浪人、病人などの役に用いる。五分立髪。
※歌舞伎・彩入御伽草(おつま八郎兵衛)(1808)序幕「向うより鮫鞘新助、五分月代(ごブサカヤキ)の侍ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「五分月代」の解説

ごぶ‐さかやき【五分月代】

江戸時代、月代が5分ほど伸びた男の髪形。また、そのかつら歌舞伎では浪人・無宿者・病者などの風体。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android