コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十川了庵 いそかわ りょうあん

1件 の用語解説(五十川了庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五十川了庵 いそかわ-りょうあん

1573-1661 江戸時代前期の医師。
天正(てんしょう)元年10月25日生まれ。曲直瀬正盛(まなせ-しょうせい)にまなぶ。細川興元(おきもと)のもとで「太平記」を,徳川家康の命で「東鑑」を刊行した。松平忠輝(ただてる)の侍医をつとめ,のち京都で開業した。万治(まんじ)4年1月29日死去。89歳。京都出身。名ははじめ春昌(はるまさ),のち宗知,春意。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

五十川了庵の関連キーワード天正元亀順治帝徳川綱重徳川頼房煮売屋順治帝寛文嵐三右衛門寛文模様

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone