五十番歌合(読み)ゴジュウバンウタアワセ

デジタル大辞泉の解説

ごじゅうばんうたあわせ〔ゴジフバンうたあはせ〕【五十番歌合】

正治2年(1200)後鳥羽院仙洞御所で行われた10題50番の歌合わせ。作者は後鳥羽院・通親良経隆信定家家隆慈円寂蓮らの10人。仙洞十人歌合。
鎌倉中期の歌合わせ。定家・家隆の歌を左右に番(つが)えた50番の撰歌合わせ。後鳥羽院が隠岐で編んだもの。定家家隆両卿撰歌合。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごじゅうばんうたあわせ【五十番歌合】

後鳥羽院の仙洞で行われた、一〇題五〇番の歌合。1200年成立。歌人は後鳥羽院のほか、良経・定家・家隆・慈円・寂蓮ら一〇人。仙洞十人歌合。
定家・家隆の歌による五〇番の撰歌合。成立年未詳。隠岐にあった後鳥羽院の編んだもの。定家家隆両卿撰歌合。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android