コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五味保義 ごみ やすよし

1件 の用語解説(五味保義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五味保義 ごみ-やすよし

1901-1982 大正-昭和時代の歌人。
明治34年8月31日生まれ。五味智英(ともひで)の兄。島木赤彦,土屋文明(ぶんめい)に師事。昭和16年歌集「清峡」を刊行,アララギ派の新進歌人として注目される。戦後,「アララギ」の編集発行人となり,同誌の再建につとめた。46年歌集「病間(びょうかん)」などにより若山牧水短歌文学大賞。昭和57年5月27日死去。80歳。長野県出身。京都帝大卒。
【格言など】もの言はぬ男となりてわが居れば世の常人はもの多くいふ(「病間」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

五味保義の関連キーワード伊藤公平伊藤生更大坪草二郎岡山巌高崎正秀谷邦夫中村孝助野上草男藤川忠治穂積忠

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五味保義の関連情報