コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五味保義 ごみ やすよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五味保義 ごみ-やすよし

1901-1982 大正-昭和時代の歌人。
明治34年8月31日生まれ。五味智英(ともひで)の兄。島木赤彦,土屋文明(ぶんめい)に師事。昭和16年歌集「清峡」を刊行,アララギ派の新進歌人として注目される。戦後,「アララギ」の編集発行人となり,同誌の再建につとめた。46年歌集「病間(びょうかん)」などにより若山牧水短歌文学大賞。昭和57年5月27日死去。80歳。長野県出身。京都帝大卒。
【格言など】もの言はぬ男となりてわが居れば世の常人はもの多くいふ(「病間」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

五味保義の関連キーワードアララギ(短歌結社雑誌)津田 治子アララギ派清水房雄竹乃里歌五味智英アララギ

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android