五味釜川(読み)ごみ ふせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五味釜川 ごみ-ふせん

1718-1754 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)3年生まれ。13年江戸で太宰(だざい)春台に入門。のち郷里の甲斐(かい)(山梨県)にもどり家業の医師をつぐとともに塾をひらき,徂徠(そらい)学をおしえる。山県大弐(やまがた-だいに)らをそだてた。宝暦4年3月12日死去。37歳。名は国鼎。字(あざな)は伯耳。通称は貞蔵。著作に「明文批評」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ごみ‐ふせん【五味釜川】

江戸中期の古文辞学派の儒者。名は国鼎。通称貞蔵。甲斐の医者の家に生まれる。江戸の太宰春台に師事。帰郷して医者を業とし、かたわら塾を開いて子弟を教授した。門下に山県大弐など。著に「古文孝経孔伝音注疏」「釜川遺稿」など。享保三~宝暦四年(一七一八‐五四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android