コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山県大弐 やまがただいに

8件 の用語解説(山県大弐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山県大弐
やまがただいに

[生]享保10(1725).甲斐
[没]明和4(1767).8.22.
江戸時代中期の尊王論者。幼名は三之助,名は昌貞,字は子明,号は柳荘。大弐は通称。父は領蔵。山王権現の神官加賀美桜塢 (おうう) に山崎闇斎派の朱子学を学んだが,兵学,天文地理にも詳しかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やまがた‐だいに【山県大弐】

[1725~1767]江戸中期の儒学者・兵学者。甲斐の人。名は昌貞。初め医師であったが、儒学・神道を学び、江戸に出て兵学を講じ、「柳子新論」を著して尊王論を説いた。明和事件に連座して処刑。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山県大弐【やまがただいに】

江戸中期の尊王論者。甲斐(かい)の人。名は昌貞(まささだ),大弐は通称。和漢儒仏に通じ,しばらく医を業としていたが,のち江戸に出て開塾,兵学を講じた。一時若年寄大岡忠光(ただみつ)に仕えた。
→関連項目垂加神道本多利明

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山県大弐 やまがた-だいに

1725-1767 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)10年生まれ。加賀美光章,五味釜川(ふせん)にまなぶ。江戸で徳川家重側用人大岡忠光につかえ,忠光没後は八丁堀で塾をひらく。その著「柳子新論」が幕政を批判したとして,明和4年8月22日処刑された(明和事件)。43歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。名は昌貞。字(あざな)は公勝。号は柳荘,洞斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典の解説

山県大弐

1725〜1767(享保10年〜明和4年)【儒学者】「天に二日なく、民に二主なし」。 尊王思想で幕府批判。儒学者。尊王論者。甲斐国生まれ。江戸に出て若年寄大岡忠光に仕えた後、医学・兵学の塾を開く。『柳子新論』を著わし、「天に二日なく、民に二主なし」と尊王論で幕政を批判した。塾での過激な講議内容や尊王論者の藤井右門との交流などから、幕府はその存在を危険視した。後年、謀反の疑いで捕らえられ、処刑された(明和事件)。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

やまがただいに【山県大弐】

1725‐67(享保10‐明和4)
江戸中期の行動的反幕府思想家。諱(いみな)は昌貞,字は公勝,号に柳荘,洞斎などがあり,大弐は通称の一つ。初め三之助を称した。甲斐に生まれ,与力村瀬氏を継いだが家をつぶされて山県姓に戻り,江戸に出て医者や兵学塾などで生計を立てようと試みた。一時期,若年寄大岡忠光に仕えてその所領だった上総勝浦の代官を務めた。彼の主著《柳子新論》は勝浦時代に書き始められる。側用人に進んだ忠光が1760年(宝暦10)に死ぬと再び浪人に戻ったが,そのときには,孟子の思想をさらに徹底させた放伐論の持主であることが世間に知られて,藤井右門を通じて宝暦事件竹内式部とも連絡がつきかけていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やまがただいに【山県大弐】

1725~1767) 江戸中期の尊王論者。甲斐かいの人。名は昌貞、号は柳荘。医師で儒学・仏教に通じ、江戸で兵学を講じた。「柳子新論」で尊王の大義を説き、幕政を批判。明和事件に連座して、処刑された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山県大弐
やまがただいに
(1725―1767)

江戸中期の儒者、兵学者。名は昌貞、字(あざな)は公勝。大弐は通称。柳荘と号した。享保(きょうほう)10年甲斐(かい)国(山梨県)巨摩(こま)郡篠原村に村瀬為信(むらせためのぶ)(別に山県または野沢昌高(のざわまさたか)とも称した)の次子として生まれる。父は郷士、のち甲府の与力となる。先祖は武田(たけだ)氏の部将山県昌景(まさかげ)(?―1575)という。少時国学を山崎闇斎(やまざきあんさい)の流れをくむ加賀美桜塢(かがみおうう)(光章(みつあき)、1711―1782)に、儒学を太宰春台(だざいしゅんだい)の高弟五味釜川(ごみふせん)(国鼎(こくてい)、1718―1754)に学んだ。弟の殺人事件に絡む兄の与力改易に伴い村瀬姓から本姓山県に復し、江戸へ出て大岡忠光(おおおかただみつ)に仕えて、1751年(宝暦1)上総(かずさ)国(千葉県)勝浦の忠光の領地の代官となった。忠光が側用人(そばようにん)、武蔵(むさし)国(埼玉県)岩槻(いわつき)城主となると、大弐も江戸藩邸出仕となり、医官兼儒者として忠光の側近に侍した。仕官中の1758年に京都で竹内式部(たけのうちしきぶ)の宝暦(ほうれき)事件が起きているが、この事件は大弐に衝撃を与えたとされる。おりから大弐は匿名で『柳子(りゅうし)新論』を著述中(1759年2月成稿)であったが、同書中で幕府の秕政(ひせい)を批判し、朝権が衰え武威が盛んなるさまを慨嘆して、倒幕思想を暗々裏に展開していた。1760年に主君忠光が死ぬと大岡家を致仕し、浪人学者として江戸八丁堀長沢町(東京都中央区)に塾を開き儒学・兵学を講義したが、大いに栄え、その門に学ぶ諸藩士・浪人などが多かった。この長沢町時代に医学書、兵書、天文書、和算書など数々の著述をしたことも注目される。1766年(明和3)12月明和(めいわ)事件が起き、大弐は同居中の藤井右門(ふじいうもん)とあわせて逮捕され、翌1767年8月21日死罪の判決が下り翌日刑死した。43歳。[山田忠雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山県大弐の言及

【甲斐国】より

…後期になると,1750年(寛延3)養蚕地帯の八代,山梨両郡惣百姓が新規運上に反対して運上請負人を打ちこわした米倉(よねぐら)騒動,92年(寛政4)田安領における反動政策と手代の不正を糾弾した54ヵ村越訴の太枡(ふとます)騒動,1836年(天保7)郡内領にはじまり甲府町方のほか国中地方の106ヵ村にわたる豪農・富商305軒を打ちこわし,甲斐国内を無政府状態と化した天保郡内騒動などがあった。 近世を通して文化面での展開にとぼしいが,崎門派の加賀美光章と蘐園(けんえん)学派の五味釜川に学んだ山県大弐は江戸に出てのち著した《柳子新論》で知られる。廻国修行を発願し木食戒をもって各地に千体仏を刻んだ木喰行道の活動も有名である。…

【明和事件】より

…江戸中期に山県大弐藤井右門らが処罰された事件。山県大弐は儒学,兵学の塾を江戸日本橋に開き,上野小幡藩の家老吉田玄蕃と親交があった。…

【柳子新論】より

…山県大弐著。1巻。…

※「山県大弐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山県大弐の関連キーワード大炊御門経音僧萬庵藤山惟熊購買後の行動思想家原始的反応月の行方食行動経世済民論動的反射

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山県大弐の関連情報