コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五塩化リン ごえんかリンphosphorus pentachloride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五塩化リン
ごえんかリン
phosphorus pentachloride

化学式 PCl5 。無色ないし淡黄色の発煙性のある潮解性結晶。刺激性の不快臭があり,眼および粘膜をおかす。昇華点 100℃,加圧下での融点 160℃。二硫化炭素,塩化ベンゾイルに可溶。少量の水により塩化ホスホリル POCl3 ,多量の水によりリン酸 H3PO4 となる。腐食性,毒性があり,危険。有機合成における塩素化剤として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

五塩化リンの関連キーワードベンゼンスルホン酸塩化ベンゾイル塩化エチリデンベックマン転位ベンズアニリド塩化アルキル塩化チオニル三塩化リン二硫化炭素二酸化硫黄オキシム分子結晶アミドリン酸可溶融点

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android