五墓日(読み)ゴムニチ

大辞林 第三版の解説

ごむにち【五墓日】

暦注の一。葬礼・播種、その他万事に凶とされる悪日。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごむ‐にち【五墓日】

〘名〙 暦の下段に記載されている悪日の一つ。五行と干支の組み合わせによって定められ、木性の人は乙未(きのとひつじ)の日、火性の人は丙戌(ひのえいぬ)の日、土性の人は戊辰(つちのえたつ)の日、金性の人は辛丑(かのとうし)の日、水性の人は壬辰(みずのえたつ)の日がこれに当たるという。百事に凶とされる。
※兵範記‐保元三年(1158)六月一三日「五墓日、今夕殿下御除服」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android