コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五徳終始説 ごとくしゅうしせつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五徳終始説
ごとくしゅうしせつ

中国、戦国時代の斉(せい)の陰陽家(いんようか)、鄒衍(すうえん)が唱えた説。この説については『史記』の「始皇本紀(しこうほんぎ)」や「孟子荀卿(もうしじゅんけい)列伝」の鄒衍の条および『呂氏春秋(りょししゅんじゅう)』の「有始覧」「応同編」などに述べられている。それによると、天地開闢(かいびゃく)以来、王朝はかならずその有するところの五行(ごぎょう)の徳によって興廃または更迭(こうてつ)するが、その更迭には一定の順序があり、王朝がまさに興ろうとするときは、その徳に応じて瑞祥(ずいしょう)が現れるというのである。その五徳の推移は、水は火に勝ち、火は金に勝ち、金は木に勝ち、木は土に勝ち、土は水に勝つという五行相勝(そうしょう)(相剋(そうこく))の順序である。そして、秦(しん)以前の4王朝を、黄帝(こうてい)を土徳、夏(か)の禹(う)を木徳、殷(いん)の湯王(とうおう)を金徳、周の文王(ぶんおう)を火徳にそれぞれ配当し、五行相勝説によって前王朝から次の王朝に移るとし、最後は水徳である秦(しん)王朝が政権をとり、これこそが永久性と絶対性とをもつ真の王朝であると説くのが、本来の五徳終始説である。これに対し、漢代になると、漢を火徳とし、伏羲(ふくぎ)(木徳)、神農(しんのう)(火)、黄帝(土)、朱宣(しゅせん)(金)、(せんぎょく)(水)、帝(ていこく)(木)、堯(ぎょう)(火)、舜(しゅん)(土)、禹(金)、殷(水)、周(木)とする五行相生(そうせい)による五徳終始説も唱えられるようになり、これによって禅譲(ぜんじょう)による王朝の交替が説かれた。この説は、後漢(ごかん)以後に盛行した『緯書(いしょ)』にも用いられ、感生帝説や災異説、瑞祥説などとも関連づけられて、火徳を有する漢王朝の正統性や神権性を主張する根拠となった。[中村璋八]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の五徳終始説の言及

【陰陽五行説】より

…洪範では五行はまだ静止しているが,戦国期の陰陽家鄒衍(すうえん)はこれを歴史の場に適用し,王朝の交代を理論づけた。いわゆる五徳(五行のパワー)終始(循環の意)説である。彼によれば,各王朝はそれぞれ五行のひとつを賦与されており,命運がつきると新王朝に取って代わられるが,その交代は必然的な理法に従って図1のような順になるという。…

【五行】より

…しかし洪範篇成立の時代を確定することはむずかしく,五行説の創唱者としては戦国時代の斉の思想家鄒(騶)衍(すうえん)が考えられる。五徳終始説とよばれる鄒衍の五行説では,一代の帝王は五行のどれかひとつの徳をそなえ,王朝は五徳の順序にしたがって交代すると説かれた。そして五行は火→水→土→木→金の順序のもとに,それぞれ前者にうちかちつつあらわれると考えられ,相克説(または相勝説)とよばれたが,その後,五行が木→火→土→金→水の順序のもとにつぎつぎに生成すると考える相生説が生まれた。…

【五徳】より

…(1)土・木・金・火・水の五つの徳。中国,戦国時代に斉の騶衍(すうえん)は,王朝の交替,歴史の変遷を五徳の循環によって説明する,いわゆる五徳終始説をとなえた。それによると,循環は五行相勝(ごぎようそうしよう)の原理,すなわち〈木は土に勝ち,金は木に勝ち,火は金に勝ち,水は火に勝ち,土は水に勝つ〉とされる。…

※「五徳終始説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五徳終始説の関連キーワード顧頡剛五徳

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android