コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄒衍 すうえんZou Yan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鄒衍
すうえん
Zou Yan

前 350年頃活躍した中国,戦国時代思想家斉国 (山東省) の人。天文地理にすぐれ,陰陽説と五行説を合せて宇宙の生成を論じ,かつそれに基づいた五徳終始の学説をもって歴代王朝の交代を説明したという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すう‐えん【鄒衍】

[前305ころ~前240]中国、戦国時代の思想家。(せい)の人。宇宙万物を陰陽五行消長によって解釈、のちの中国思想に大きな影響を与えた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すうえん【鄒衍 Zōu Yǎn】

中国,戦国時代の思想家。騶衍とも書く。生没年は不明。斉(山東省)の人で,下(しよくか)の学士(稷門)の一人。孟子より時代は少しおくれる。陰陽五行思想をはじめて組織的に整理したことで知られる。彼は,まず経験を帰納して一つの原則を考え,ついでその原則から演繹して未知の知識を求めた。彼の主張には二つの大きな特徴がある。一つは地理観において,儒者の説に反対して,大九州説(九州)を唱えたことである。彼によれば,儒者のいう中国とは,天下の81分の1を占めるにすぎないという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鄒衍
すうえん

生没年不詳。中国、戦国期の思想家。陰陽(いんよう)五行家の祖。(すうえん)とも書く。斉(せい)の臨(りんし)(山東省)の人で、孟子(もうし)よりややあと、公孫竜(こうそんりゅう)と同じころの人。『史記』の「孟子荀卿(もうしじゅんけい)列伝」によると、故国の斉で名声を得たのち梁(りょう)、燕(えん)に行き好遇され、「終始大聖の篇(へん)十余万言」や『主運』を著したとされる。『漢書(かんじょ)』の「芸文志(げいもんし)」には『鄒子(すうし)』49篇、『鄒子終始』56篇が著録されているが、いまは伝わらない。彼は、最古の黄帝(こうてい)から当代に至るまでの興亡の歴史が土、木、金、火、水という五行相勝(そうしょう)(相剋(そうこく)、または五徳終始)の原理によって展開したと考え、未来を予見しようとした。また、当時の中国は赤県神州という小さな州であり、全世界の81分の1にすぎないとする大九州説を唱えた。[中村璋八]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鄒衍の言及

【陰陽五行説】より

…そこでは五行として水・火・木・金・土がこの順に列挙され,それぞれの性質や味が記されている。洪範では五行はまだ静止しているが,戦国期の陰陽家鄒衍(すうえん)はこれを歴史の場に適用し,王朝の交代を理論づけた。いわゆる五徳(五行のパワー)終始(循環の意)説である。…

【五行】より

…《書経》の甘誓篇と洪範篇に五行の名があらわれ,とくに洪範篇では,夏の禹王が天から授かったという9種類の天地の大法,いわゆる〈洪範九疇(きゆうちゆう)〉の第1に五行をあげたうえ,五行それぞれの性質を,水は潤下(じゆんか)(ものを潤して低きにつく),火は炎上(燃えて上にあがる),木は曲直(曲がりまたまっすぐになる),金は従革(自由に変形する),土は稼穡(かしよく)(種まきととりいれ)と説明している。しかし洪範篇成立の時代を確定することはむずかしく,五行説の創唱者としては戦国時代の斉の思想家鄒(騶)衍(すうえん)が考えられる。五徳終始説とよばれる鄒衍の五行説では,一代の帝王は五行のどれかひとつの徳をそなえ,王朝は五徳の順序にしたがって交代すると説かれた。…

【五徳】より

…(1)土・木・金・火・水の五つの徳。中国,戦国時代に斉の騶衍(すうえん)は,王朝の交替,歴史の変遷を五徳の循環によって説明する,いわゆる五徳終始説をとなえた。それによると,循環は五行相勝(ごぎようそうしよう)の原理,すなわち〈木は土に勝ち,金は木に勝ち,火は金に勝ち,水は火に勝ち,土は水に勝つ〉とされる。それゆえ土徳に当たる黄帝の次には木徳に当たる夏王朝が興り,夏王朝の次には金徳に当たる殷王朝が興り,殷王朝の次には火徳に当たる周王朝が興り,周に代わって天下を統一するのは水徳の王朝(秦)である,と説かれた。…

【稷門】より

…その数は数百人から1000人にものぼり,稷下の学士とか稷下先生とよばれた。宣王時代の鄒衍(すうえん),淳于髡(じゆんうこん),田駢(でんべん),慎到らはとくに有名である。斉のこのような学問優遇の伝統は襄王ごろまでつづき(前357‐前265),いわゆる稷下の学を形成して戦国時代の文化学術の一大中心となった。…

※「鄒衍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鄒衍の関連キーワード陰陽五行説稷下の学神仙思想諸子百家公孫竜道教方士洪範宣王慎到

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android