コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五智網 ゴチアミ

デジタル大辞泉の解説

ごち‐あみ【五×智網】

主に瀬戸内海地方で、タイを捕るために用いられる手繰り網楕円形の網の両端につけた綱を引き、魚を網目にかけて捕る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ごちあみ【五智網】

手操網の一種。楕円形に縫った網地(網目3.6cm)の両末端に注連(しめ)網(藁網)をつけ,その付け根にさらに引綱を結び,縮結して網の中央を袋状にして魚を捕らえる漁網を指す。最初から円筒状の袋網袖網につけた有囊網も一部ある。この網漁は天井網,返し網をもつ底引網漁と混同されやすいが,分類上は底引寄網漁の一つである。海底が平たんな砂泥質漁場でのタイ漁にもっぱら用い,その他キス,アジ漁にも使用する。操業は潮流の激しい昼間,1艘に3人乗った漁船8~10艘が出漁し,ほぼ等間隔に並列して行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごちあみ【五智網】

手繰り網の一種。袋状になった楕円形の網の両端につけた網を引いてタイをとる。江戸時代から瀬戸内海で用いられてきた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

五智網の関連キーワード西田新蔵手操網

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五智網の関連情報