コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本山海名産図会 にほんさんかいめいさんずえ

3件 の用語解説(日本山海名産図会の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

日本山海名産図会【にほんさんかいめいさんずえ】

江戸時代の物産図会。5巻。蔀(しとみ)関月画。木村蒹葭堂(けんかどう)序。撰者は蒹葭堂ともいうが不詳。《日本山海名物図会》再板(1797年)のあとをうけて1799年大阪の塩屋長兵衛を板元として刊行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にほんさんかいめいさんずえ【日本山海名産図会】

江戸中期の名産図会。1799年(寛政11)1月刊。5巻5冊。内題には《山海名産図会》とのみあるが,目録題は《日本山海名産図会》とされている。本文は木村蒹葭堂(けんかどう)の著とされ,画は蔀関月(しとみかんげつ)の筆。編著者蒹葭堂は大坂の人。酒造業を家職とし,かたわら学問を好み博学多芸,とくに物産の学に通じた。本書巻之一〈造醸(さけつくり)〉では,家職での知見を活用して酒の製法が詳述され,江戸期酒造業の実態の一こまをリアルに伝えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本山海名産図会
にほんさんかいめいさんずえ

漁法ならびに食品の製造法を著した書。蒹葭堂(けんかどう)の号で知られた大坂の町人学者木村孔恭(こうきょう)が著者。1799年(寛政11)刊。全国的視野にたって各地の名産が調査されているが、農林産物は少なく、水産と自然物採取が重点になっている。海老(えび)、鰤(ぶり)、鮪(しび)、鰆(さわら)、若狭鰈(わかさかれい)、同小鯛(こだい)、鯖(さば)、牡蠣(かき)、鰹(かつお)、白魚、時雨蛤(しぐれはまぐり)などの水産物や、御影石(みかげいし)、石灰(いしばい)、それに伊丹(いたみ)の酒造などを、発達過程、産地、生産(漁獲)技術、販売輸送の方法の順で記述している。各項目には蔀関月(しとみかんげつ)の、採取、漁獲、製造工程などの挿絵が配されていて、当時の産業状態をみるのに有益である。関月は大坂の書店主から画家に転じた人で、人物や山水画に巧みだった。[小柳輝一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本山海名産図会の関連キーワード岡田挺之江戸名所図会名所図会寛政図会東海道名所図会斎藤長秋蔀関月三木雲門横山潤

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone