コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井ノ口 いのくち

世界大百科事典内の井ノ口の言及

【岐阜[市]】より

…中心市街地は濃尾平野北部,長良川の扇状地の扇頂部に位置し,戦国時代斎藤道三が金華山(稲葉山)に城を築き,その城下町から発達した。1567年(永禄10)織田信長が斎藤氏を亡ぼして入城し,それまで井ノ口と称していた町を岐阜と改め,職人,商人を集めて城下町を繁栄させた。織田氏が亡びて城は中山道宿場の加納に移され,江戸時代の岐阜は尾張藩領の町人の町として再出発し,また谷口集落として長良川の舟運による物資の集散地の機能を果たした。…

※「井ノ口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

井ノ口の関連キーワード岐阜県岐阜市安土桃山時代岩崎弥太郎安芸(市)岐阜(市)岐阜(県)安芸[市]岩崎弥之助岐阜[市]芦原[町]上浦[町]織田信長天下統一岐阜城跡井ノ口町斎藤竜興岐阜城中井町安芸市墨俣

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

井ノ口の関連情報