コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上れつ いのうえ れつ

1件 の用語解説(井上れつの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上れつ いのうえ-れつ

1865-1943 明治-昭和時代前期の教育者。
慶応元年10月6日生まれ。横浜でJ.C.ヘボンに英語をまなぶ。明治12年受洗。20年静岡病院長となった夫井上豊作とともに静岡にうつる。静岡女学校(現静岡英和女学院高)の経営や教育を援助。県下初の婦人会を創設し,矯風会会長をつとめた。昭和18年8月10日死去。79歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。共立女学校(現横浜共立学園)卒。旧姓は玉生(たまにゅう)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

井上れつの関連キーワード三上参次小川正孝井上要宇治紫文(4代)川瀬光順小林寛治沢村真速水滉峯尾文太郎吉田芳明