コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

婦人会 フジンカイ

4件 の用語解説(婦人会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふじん‐かい〔‐クワイ〕【婦人会】

女性によって組織された団体。また、その会合。教養・娯楽・社会奉仕などを目的とする。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふじんかい【婦人会】

本来は婦人を構成員とする団体のことであるが,一般には地域婦人会のことをいう。婦人を構成員とする団体は,江戸時代の婦人講にまでさかのぼることができる。しかし,婦人会という名称を持つ組織としては1876年に結成された東京大谷婦人会が最初である。その後,明治の前半期に仏教系の婦人会が多く結成された。また85年ごろから,慈善,教育,風俗改良などを目的とした婦人会がつくられている。86年にはキリスト教系の東京婦人矯風会が結成され,93年にはキリスト教系の婦人団体の全国組織である日本基督教婦人矯風会(婦人矯風会)が誕生した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふじんかい【婦人会】

成人女性が親睦・教養・娯楽・社会奉仕などを目的として組織する団体。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

婦人会
ふじんかい

女性を構成員とし一定の目的をもつ組織。明治以降1970年代まで婦人会(あるいは婦人団体)とよばれることが多かったが、国際婦人年(1975)以降は「婦人」ということばの古いイメージが嫌われ「女性団体」という名称が定着している。[金森トシエ・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の婦人会の言及

【地婦連】より

…1952年に山高しげり(1899‐1977)を会長に結成された。戦後,地域の民主化を進めるために,地方行政当局や占領軍民生部の要望もあり,町村単位の地域を基盤にした婦人会が結成された。それらの地域婦人会が郡市ごとに,さらに都道府県および指定都市ごとに連絡組織を作った。…

※「婦人会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

婦人会の関連情報