井上四明(読み)いのうえ しめい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上四明 いのうえ-しめい

1730-1819 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)15年生まれ。井上蘭台(らんだい)の養子。蘭台の跡をつぎ岡山藩の儒官となる。明和元年備前(岡山県)牛窓で朝鮮通信使と詩を応酬(おうしゅう)唱和し,詩名をたかめた。享和2年世子の侍講。文政2年7月2日死去。90歳。本姓は戸口。名は潜。字(あざな)は仲竜。通称は仲。別号に佩弦園(はいげんえん)。著作に「牛渚唱和集」「経済十二論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android