コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上四明 いのうえ しめい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上四明 いのうえ-しめい

1730-1819 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)15年生まれ。井上蘭台(らんだい)の養子。蘭台の跡をつぎ岡山藩の儒官となる。明和元年備前(岡山県)牛窓で朝鮮通信使と詩を応酬(おうしゅう)唱和し,詩名をたかめた。享和2年世子の侍講。文政2年7月2日死去。90歳。本姓は戸口。名は潜。字(あざな)は仲竜。通称は仲。別号に佩弦園(はいげんえん)。著作に「牛渚唱和集」「経済十二論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上四明の関連キーワード土生熊五郎井上毅斎佐藤一斎村山芝塢斎藤九畹勝田鹿谷蒲坂青荘

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android