コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上頼豊 いのうえ よりとよ

1件 の用語解説(井上頼豊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上頼豊 いのうえ-よりとよ

1912-1996 昭和-平成時代のチェロ奏者。
大正元年11月19日生まれ。伊達三郎,斎藤秀雄にまなび,昭和9年新交響楽団(現N響)でローゼンストックに師事。フィルハーモニー弦楽四重奏団を組織。戦後,東京フィルハーモニー交響楽団員をへて,室内楽,独奏で活躍。48年桐朋学園大教授。平成8年11月18日死去。83歳。東京出身。東京音楽学校(現東京芸大)中退。著作に「ショスタコーヴィチ」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の井上頼豊の言及

【プロレタリア音楽】より

…音楽家同盟は31年以降の日本プロレタリア文化連盟(略称〈コップ〉)の時代にも,その加盟団体として活動を続け,33年には日本プロレタリア音楽同盟と改称している。構成員としては,作曲家守田正義,露木次男,原太郎,吉田隆子,石井五郎らのほか,演奏家の関鑑子(あきこ),井上頼豊,福田上一らが加わり,合唱曲や歌曲の創作と労働者階級の音楽創造を目標にさまざまな活動を試みた。守田の《里子にやられたおけい》《小さな同志》,吉田隆子《鍬》《兵士を送る》,原太郎《芝浦》などの反戦歌,闘争歌などが生み出された。…

※「井上頼豊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

井上頼豊の関連キーワード光の科学史運転注意力モニタ MDAS地球温暖化夫婦別姓バーブ明治天皇大正バルカン戦争次郎長三国志中国国民党

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

井上頼豊の関連情報