コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上頼豊 いのうえ よりとよ

1件 の用語解説(井上頼豊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上頼豊 いのうえ-よりとよ

1912-1996 昭和-平成時代のチェロ奏者。
大正元年11月19日生まれ。伊達三郎,斎藤秀雄にまなび,昭和9年新交響楽団(現N響)でローゼンストックに師事。フィルハーモニー弦楽四重奏団を組織。戦後,東京フィルハーモニー交響楽団員をへて,室内楽,独奏で活躍。48年桐朋学園大教授。平成8年11月18日死去。83歳。東京出身。東京音楽学校(現東京芸大)中退。著作に「ショスタコーヴィチ」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の井上頼豊の言及

【プロレタリア音楽】より

…音楽家同盟は31年以降の日本プロレタリア文化連盟(略称〈コップ〉)の時代にも,その加盟団体として活動を続け,33年には日本プロレタリア音楽同盟と改称している。構成員としては,作曲家守田正義,露木次男,原太郎,吉田隆子,石井五郎らのほか,演奏家の関鑑子(あきこ),井上頼豊,福田上一らが加わり,合唱曲や歌曲の創作と労働者階級の音楽創造を目標にさまざまな活動を試みた。守田の《里子にやられたおけい》《小さな同志》,吉田隆子《鍬》《兵士を送る》,原太郎《芝浦》などの反戦歌,闘争歌などが生み出された。…

※「井上頼豊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

井上頼豊の関連キーワード塚本快示稲垣史生稲山壬子おおえ ひで古武弥正関晃関英雄山下和夫由本正秋吉田鎮雄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

井上頼豊の関連情報