コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井司 いし

1件 の用語解説(井司の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いし【井司】

中世・近世において灌漑用水の管理・運営にあたった役人。井司と同じような役目を果たしたものを井守,井奉行,井行事,池司池守等ともよんでいる。しかし井司,井守,井奉行がそれぞれ異なった職掌を分担している場合もあったようである。例えば904年(延喜4)和泉国大鳥社流記帳には〈禰宜を以て井司と為し,祝を以て井守と為す〉とある。灌漑用水の円満な管理・運営には,その用水について熟知するとともに,公平無私なることが求められるが,1550年(天文19)10月薬師寺領南北下井の井司を補任するとき,〈器用之仁〉をさがして任命したというのは,これを物語っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

井司の関連キーワード井料灌漑明治用水業務管理池沼村請資産管理機関用悪水路国有林野の管理経営に関する基本計画地域管理経営計画

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

井司の関連情報