コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井草遺跡 いぐさいせき

2件 の用語解説(井草遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

井草遺跡
いぐさいせき

東京都杉並区上井草にある縄文時代の遺跡。土器,石器が発見され,縄文時代早期の井草式土器の型式名が設定された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井草遺跡
いぐさいせき

東京都杉並区上井草4丁目にある縄文時代早期の遺跡。1940年(昭和15)矢島清作が発掘し、当時最古の三戸(みと)式より古い土器片がローム土中にまで食い込んで出土し、山内清男(やまのうちすがお)、江坂輝彌(えさかてるや)と検討し、井草式土器を設定した。井草式土器は口縁部が肥厚外反し、縄文が施される丸底深鉢形土器で、千葉県西之城貝塚の層位から式に細分され、関東地方早期前半撚糸文(よりいともん)土器の最古の段階に位置づけられて、大丸(だいまる)式と併行する。井草式は先行する草創期の押圧(おうあつ)縄文に系譜をたどれるが、最古の貝塚を伴う段階である。井草式を型式として独立させず、撚糸文第様式J型と称する研究者もいる。[十菱駿武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井草遺跡の関連キーワード東京都杉並区井草東京都杉並区荻窪東京都杉並区上井草東京都杉並区上荻東京都杉並区上高井戸東京都杉並区清水東京都杉並区下井草東京都杉並区善福寺東京都杉並区方南東京都杉並区和田

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone