コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交える/雑える マジエル

デジタル大辞泉の解説

まじ・える〔まじへる〕【交える/雑える】

[動ア下一][文]まじ・ふ[ハ下二]
つけ加えて一つにする。加え入れる。「学生を―・えて討論する」「身ぶりを―・えて話す」「私情を―・えない仕事上の付き合い」
入りこませる。組み合わせる。「ひざを―・えて語り合う」
互いにやり合う。やりとりする。「砲火を―・える」「言葉を―・える」
[補説]室町時代以降はヤ行にも活用した。→交ゆ
[下接句]干戈(かんか)を交える語を交える膝(ひざ)を交える兵刃(へいじん)を交える砲火を交える

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まじえる【交える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 まじ・ふ
いっしょにいれる。異質の物の中に加える。まぜる。 「子供を-・えて遊ぶ」 「私情を-・える」 「汝なれが眼は、鉄と黄金こがねを-・へたる冷き宝石の如し/あめりか物語 荷風」 「菖蒲草花橘に貫き-・へ/万葉集 4101
交差させる。交差するほど近づける。 「枝を-・える」 「膝を-・える」
とりかわす。やりとりする。 「言葉を-・える」 「一戦-・える」 〔「交わる」に対する他動詞。漢文訓読系の語〕
[慣用] 干戈かんかを- ・ 兵刃を- ・ 砲火を-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

交える/雑えるの関連キーワード打ち交わす・打交わす矛・鉾・戈・鋒・戟オペラ・ブッファジャックリーの乱自治体サミット永久凍結気候黒本・青本楓軒文書纂散木奇歌集矛を交える甲駅新話おらが春住吉物語膝を組む文語体草双紙長保寺博士号鏤める打交す

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android