私情(読み)シジョウ

  • しじょう ‥ジャウ
  • しじょう〔ジヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

個人的な感情。私意。「私情にとらわれる」「私情を交える」「私情を捨てる」
利己的な心。私心。
「先方の利益を思うよりもわが―を満足さすばかりの」〈蘆花思出の記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 個人の立場に立っての感情。個人的な感情。
※菅家文草(900頃)五「金吾相公、抂賜遣懐、答謝之後、偶有御製、〈略〉某不喜、兼叙私情、有白日
※陸海軍軍人に下し賜はりたる勅諭‐明治一五年(1882)一月四日「公道の理非に踏迷ひて、私情の信義を守り」 〔晉書‐后妃伝論〕
② 自分の欲望を満たしたいと思う感情。自分につごうのいい感情。私心。
※人情本・貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)二「私情(シジャウ)を身儘になさん事、人たる道にあるべからずと」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉六「先方の利益を思ふよりも吾私情を満足さすばかりの仁恵」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

私情の関連情報