私情(読み)しじょう

精選版 日本国語大辞典「私情」の解説

し‐じょう ‥ジャウ【私情】

〘名〙
① 個人の立場に立っての感情。個人的な感
※菅家文草(900頃)五「金吾相公、抂賜遣懐、答謝之後、偶有御製、〈略〉某不喜、兼叙、有白日
※陸海軍軍人に下し賜はりたる勅諭‐明治一五年(1882)一月四日「公道の理非踏迷ひて、私情の信義を守り」 〔晉書‐后妃伝論〕
② 自分の欲望を満たしたいと思う感情。自分につごうのいい感情。私心
※人情本・貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)二「私情(シジャウ)を身儘になさん事、人たる道にあるべからずと」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉六「先方の利益を思ふよりも吾私情を満足さすばかりの仁恵」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「私情」の解説

し‐じょう〔‐ジヤウ〕【私情】

個人的な感情。私意。「私情にとらわれる」「私情を交える」「私情を捨てる」
利己的な心。私心。
「先方の利益を思うよりもわが―を満足さすばかりの」〈蘆花思出の記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「私情」の解説

【私情】しじよう(じやう)

私の感情。〔晋書、后妃伝賛〕武元楊氏、(あづか)り聞き、(およ)ばず、私に愛す。~晉中ごろなるは、れにく。

字通「私」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android