コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京の華

デジタル大辞泉プラスの解説

京の華

福島県、合資会社辰泉酒造の製造する日本酒。平成21、22酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

京の華

酒造好適米の品種のひとつ。山形県工藤吉郎兵衛が1926年に育成。その後栽培されていなかったが、1983年に福島県で、1992年から山形県で復活した。酒の華と新山田穂の交配種。「国の華」「酒の華」とともに羽州華三部作といわれている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

きょうのはな【京の華】

福島の日本酒。大吟醸酒、純米大吟醸酒純米吟醸酒がある。平成17~22、24年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は幻の酒造好適米といわれた京の華を、復活栽培して使用。酒名もそれにちなむ。仕込み水は磐梯山麓・飯豊山麓の自然湧水と、蔵元敷地の地下より湧き出る清浄な井戸水。蔵元の「辰泉酒造」は明治10年(1877)創業。所在地は会津若松市上町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

京の華の関連キーワード松崎 鶴雄林 忠彦奥羽自慢土方定一板橋雑記末廣

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android