京の華

デジタル大辞泉プラスの解説

京の華

福島県、合資会社辰泉酒造の製造する日本酒。平成21、22酒造年度の全国新酒鑑評会金賞受賞

京の華

酒造好適米の品種のひとつ。山形県の工藤吉郎兵衛が1926年に育成。その後栽培されていなかったが、1983年に福島県で、1992年から山形県で復活した。酒の華と新山田穂の交配種。「国の華」「酒の」とともに羽州華三部作といわれている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

きょうのはな【京の華】

福島の日本酒。大吟醸酒、純米大吟醸酒、純米吟醸酒がある。平成17~22、24年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は酒造好適米といわれた京の華を、復活栽培して使用。酒名もそれにちなむ。仕込み水は磐梯山麓・飯豊山麓の自然湧水と、蔵元敷地の地下より湧き出る清浄な井戸水。蔵元の「辰泉酒造」は明治10年(1877)創業。所在地は会津若松市上町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京の華の関連情報