コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京上夫 きょうのぼりふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京上夫
きょうのぼりふ

地方の荘園から京都の荘園領主へ,年貢その他を運搬したり,雑役に従事した者。荘園領主が荘民に課す夫役 (ぶやく) の一つで,京都に上って夫役に従事したのでこの名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうじょうふ【京上夫】

古代~中世,荘園領主が荘民らに賦課した夫役の一種。荘園領主の多くが京都に集住していた関係上,領主は荘民らを上洛在京させて雑役に服させるのが常態であり,そのためこの呼称が生まれた。地頭御家人や荘官らが,軍役などの諸役をつとめるために配下の荘民らを京上夫と称してひきつれて上洛することもあった。京上夫勤仕の耐えがたいことをのべた訴状などから,長期にわたる労働力収奪を意味する京上夫が,荘民らにとり大きな負担であったことがわかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

京上夫の関連情報