コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代銭納 だいせんのう

1件 の用語解説(代銭納の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だいせんのう【代銭納】

中世の荘園,国衙領,あるいは武家領における年貢・公事の現物納に代わる銭納の制度。鎌倉中・末期には数多くの荘園で行われるようになった。地域的には山陽道,東海道,東山道方面荘園にその事例が多いが,南北朝時代にはほぼ全国的に普及した。これは鎌倉時代における農工等生産力の向上,荘園・国衙領内定期市の成立,日宋・日元貿易による銭貨流入と国内流通,都鄙(とひ)における商品貨幣経済の進展といった歴史的諸条件にもとづく現象といえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

代銭納の関連キーワード請地大田文関東御領検断国衙領守護請定田法度名田田文

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone