コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代銭納 だいせんのう

世界大百科事典 第2版の解説

だいせんのう【代銭納】

中世の荘園,国衙領,あるいは武家領における年貢・公事の現物納に代わる銭納の制度。鎌倉中・末期には数多くの荘園で行われるようになった。地域的には山陽道,東海道,東山道方面荘園にその事例が多いが,南北朝時代にはほぼ全国的に普及した。これは鎌倉時代における農工生産力の向上,荘園・国衙領内定期の成立,日宋・日元貿易による銭貨流入と国内流通,都鄙(とひ)における商品貨幣経済の進展といった歴史的諸条件にもとづく現象といえる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

代銭納の関連キーワード相馬御厨宋元銭色代納太田荘石代納地子銭鎌倉夫和市雲助貫高