コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京友禅 キョウユウゼン

デジタル大辞泉の解説

きょう‐ゆうぜん〔キヤウイウゼン〕【京友禅】

京都で発達した友禅染。古典的で華やかな図柄が多く、装飾に刺繍(ししゅう)や金箔を用いるのが特徴。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

京友禅[染織]
きょうゆうぜん

近畿地方、京都府の地域ブランド。
京都市及びその周辺地域で生産された友禅染を施した織物及びその友禅染生地を使用した和服。江戸時代中期に京都の扇絵師・宮崎友禅斉が、自らの画風を取り入れて模様染めの分野に生かし手描友禅を確立した。明治時代初期には京都の広瀬治助によって、模様を写し取った型紙を使って染める型友禅が開発され、友禅が多くの人に広がっていった。1976(昭和51)年6月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。2007(平成19)年2月、特許庁地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5023045号。地域団体商標の権利者は、京友禅協同組合連合会。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

京友禅の関連キーワード地域団体商標制度西村総左衛門京都府京都市山口 華楊羽田登喜男安達 直次近畿地方安達直次丹野宜政加賀友禅山田栄一上野為二森口華弘京染めマキノ京小紋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京友禅の関連情報