京都代官(読み)きょうとだいかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京都代官
きょうとだいかん

上方代官とも五畿内奉行ともいう。江戸幕府職名。京都に在住して山城河内,和泉,摂津丹波,播磨の幕府直轄領を支配し,禁裏や御所方の御用をも司った。京都町奉行の支配に属し,寛永 16 (1639) 年設置。延宝8 (80) 年以後,小堀氏の世襲となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうとだいかん【京都代官】

江戸幕府の職名。山城・丹波・河内・摂津などの直轄領を管轄し、また皇室関係の御用にあたった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京都代官の関連情報