コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都代官 きょうとだいかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京都代官
きょうとだいかん

上方代官とも五畿内奉行ともいう。江戸幕府職名。京都に在住して山城河内,和泉,摂津丹波,播磨の幕府直轄領を支配し,禁裏や御所方の御用をも司った。京都町奉行の支配に属し,寛永 16 (1639) 年設置。延宝8 (80) 年以後,小堀氏の世襲となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょうと‐だいかん〔キヤウトダイクワン〕【京都代官】

江戸幕府の職名。京都町奉行の支配下にあって、畿内近圏の幕府直轄領を支配し、禁裏の御用をつかさどった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうとだいかん【京都代官】

江戸幕府の職名。山城・丹波・河内・摂津などの直轄領を管轄し、また皇室関係の御用にあたった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

京都代官の関連キーワード和田惟政茨木長隆雨宮正種上方代官皇室領

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android