コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京都賞 きょうとしょう

2件 の用語解説(京都賞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京都賞
きょうとしょう

稲盛財団主催の顕彰事業で,科学や文明の発展,人類の精神的深化などに大きく寄与した個人 (団体) に贈られる賞。京セラの創業者稲盛和夫の私財を投じ 1984年4月に設立された,稲盛財団の事業の一つとして創設。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょうと‐しょう〔キヤウトシヤウ〕【京都賞】

基礎科学、先端技術、思想・芸術の分野で著しい貢献をした人々を称える国際賞。日本の稲盛財団が主催。昭和60年(1985)に創設。毎年国内・国外の有識者により、国籍や人種を問わず受賞者の選定が行われる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

京都賞の関連キーワードクレタ文明稲盛和夫文明病民度物質文明文明史文明の利器むつ小川原地域・産業振興財団五升庵蝶夢日本科学技術振興財団

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

京都賞の関連情報