コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人知原理論 じんちげんりろんTreatise Concerning Principles of Human Knowledge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人知原理論
じんちげんりろん
Treatise Concerning Principles of Human Knowledge

イギリスの哲学者ジョージ・バークリーの主著で,1710年彼が 25歳のとき公刊された。 J.ロックの認識論における精神に依存した観念と,それ自体独立して存在する物との間の二元論という困難を克服すべく,彼は物的実体の形而上学的存在を否定して,物がただ,その精神のうちで知覚された内容としての観念としてのみあるということを主張する。つまり物的対象は観念あるいは観念の集合なのであり,実在性は,精神,観念および物的対象からなるのではなく,精神とそれがつくりだす観念とからなるとして,主観的観念論の立場をとった。しかし,この観念が,一定の秩序をそなえていることから,本来的にはそれが有限な人間の精神の所産ではなく神の精神の所産とし,人間の観念は神の精神に存する永遠な観念の模型であり,したがって外界は神の観念として存すると考えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

人知原理論の関連キーワードバークリー(George Berkeley)心身問題観念論

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人知原理論の関連情報