コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人見東明 ひとみ とうめい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

人見東明 ひとみ-とうめい

1883-1974 明治-昭和時代の詩人。
明治16年1月16日生まれ。自然主義風文語詩から口語自由詩にかわり,明治44年第1詩集「夜の舞踏」をだす。大正9年日本女子高等学院(現昭和女子大)を設立し理事長。「近代文学研究叢書」の発刊に尽力した。昭和49年2月4日死去。91歳。東京出身。早大卒。本名は円吉。詩集に「恋ごころ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人見東明
ひとみとうめい
(1883―1974)

詩人。東京に生まれ、岡山市で育った。本名円吉。早稲田(わせだ)大学英文科卒業。初め自然主義風の文語詩を発表したが、1908年(明治41)から口語自由詩を書くようになり、11年6月に処女詩集『夜の舞踏』を出して反響を得た。20年(大正9)に日本女子高等学院(現昭和女子大学)を設立、のちにその理事長となり、また日本詩人クラブの理事として尽力し、昭和女子大学「近代文庫」の基礎をつくり、「近代文学研究叢書(そうしょ)」を発足させた。[古川清彦]
『『人見東明全集』六巻・別巻一(1979~82・昭和女子大学光葉同窓会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

人見東明の関連キーワード佐藤 楚白福士幸次郎白鳥省吾相馬御風三木露風山村暮鳥福田夕咲三富朽葉昭和時代加藤介春自由詩社野口雨情

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android