コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人見東明 ひとみ とうめい

2件 の用語解説(人見東明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

人見東明 ひとみ-とうめい

1883-1974 明治-昭和時代の詩人。
明治16年1月16日生まれ。自然主義風文語詩から口語自由詩にかわり,明治44年第1詩集「夜の舞踏」をだす。大正9年日本女子高等学院(現昭和女子大)を設立し理事長。「近代文学研究叢書」の発刊に尽力した。昭和49年2月4日死去。91歳。東京出身。早大卒。本名は円吉。詩集に「恋ごころ」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人見東明
ひとみとうめい
(1883―1974)

詩人。東京に生まれ、岡山市で育った。本名円吉。早稲田(わせだ)大学英文科卒業。初め自然主義風の文語詩を発表したが、1908年(明治41)から口語自由詩を書くようになり、11年6月に処女詩集『夜の舞踏』を出して反響を得た。20年(大正9)に日本女子高等学院(現昭和女子大学)を設立、のちにその理事長となり、また日本詩人クラブの理事として尽力し、昭和女子大学「近代文庫」の基礎をつくり、「近代文学研究叢書(そうしょ)」を発足させた。[古川清彦]
『『人見東明全集』六巻・別巻一(1979~82・昭和女子大学光葉同窓会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人見東明の関連キーワード上田敏雄緒方昇小沢恒一加藤一夫菊岡久利木村好子近藤東沢ゆき方等みゆき正富汪洋

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone