コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人造米 ジンゾウマイ

3件 の用語解説(人造米の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じんぞう‐まい〔ジンザウ‐〕【人造米】

米の代替品として、また栄養強化のために製造した合成米。小麦粉・でんぷん・砕米などをまぜ、米粒大に固めたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人造米
じんぞうまい

米の代替として考えられた合成米。米は古くから日本人の主食であり、明治・大正期においても国内生産は需要に追い付けなかったので、米の形をした食品を、たとえばトウモロコシを削ったり、あるいは穀粉を固めてつくろうとする試みがかなり古くから多数なされてきた。1953年(昭和28)、国内の余剰デンプンと輸入小麦粉をこねたうえ、米粒の形に整形したものが人造米あるいは合成米として市場に現れた。しかし食味のうえで問題があり、またその後、米の増産によって姿を消した。ただしビタミン類、無機質アミノ酸の添加が容易にできる利点があり、強化人造米をつくるのに適している。事実タイで試験的に学童に投与されたリジン強化米は人造米であった。[不破英次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の人造米の言及

【駅弁】より

…米飯はごく少量で副食はヒジキの塩煮だけ,またはふすまを混ぜたパンに,副食はカボチャとダイコン,ニンジンの葉の塩煮などで,肉も魚も皆無,それでもホームには風雨寒暑をいとわず長蛇の列ができた。その後に麦を材料とした人造米が規制外の主食として短期間だけ代用されたが,51年には鉄道旅客だけを対象に“等外米(くず米)”が各駅弁業者に限り特配されるようになり,このころから幕の内弁当も復活し,地方色豊かな,アイデアをこらした駅弁が現れ始める。握飯にたくあんだけの駅弁にとって代わる弁当らしい駅弁の第1号は,山陽鉄道会社線の神戸~姫路の山陽線部分開通の翌1889年(月日は不詳)に売り出された。…

※「人造米」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人造米の関連情報