人間悟性新論(読み)にんげんごせいしんろん(英語表記)Nouveaux essais sur l'entendement humain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人間悟性新論
にんげんごせいしんろん
Nouveaux essais sur l'entendement humain

ドイツの哲学者 G.ライプニッツフランス語による著書。 1704年執筆。 J.ロックの『人間悟性論』 (1690) の批判を通じて,おもに人間の認識の起源や妥当性に関する自己の見解を展開したもの。物質,空間,無限,あるいは公理三段論法などについてもロックの説を批判。死後 65年に刊行され,I.カント,G.レッシング,J.ヘルダーなどに深い影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android