コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人類館事件 じんるいかんじけん

世界大百科事典 第2版の解説

じんるいかんじけん【人類館事件】

1903年(明治36)3月から7月まで,大阪で開催された勧業博覧会の会場周辺に,〈学術人類館〉と称する見世物小屋が設置され,学術研究資料の名目で〈アイヌ〉〈台湾生蕃〉〈朝鮮人〉〈ジャワ人〉〈トルコ人〉〈アフリカ人〉などとともに,〈琉球人〉の遊女2人が〈琉球の貴婦人〉と銘打って〈展示〉された。同年4月11日付の〈《琉球新報》〉は〈特に台湾の生蕃北海のアイヌ等と共に本県人を撰みたるは是れ我を生蕃アイヌ視したるものなり。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

人類館事件の関連キーワード日露戦争史(年表)ドビュッシーオブレノビチ家フォト・セセッションプラット修正ボストン・レッドソックスマッキム・ミード&ホワイトロシア映画キュリーククルイニクスイ

人類館事件の関連情報