コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧業博覧会 かんぎょうはくらんかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勧業博覧会
かんぎょうはくらんかい

内国勧業博覧会。明治政府の殖産興業政策の一環として行われた内国物産の博覧会。 1867年パリ万博,73年ウィーン万博,76年フィラデルフィア万博への参加を契機大久保利通の建議書によって計画,第1回博覧会は出品点数8万余,入場者数 45万人余を集めて 77年上野で開催された。出品物は工芸品を主としていたが,回を重ねるにつれて機械類が増加。共進会とともに産業技術の発展と普及に大きな影響を及ぼした。 1902年大阪で開かれた第5回が最後。以後は府県主催,新聞社主催の博覧会が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんぎょう‐はくらんかい〔クワンゲフハクランクワイ〕【勧業博覧会】

産業を奨励し振興する目的で開く博覧会。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんぎょうはくらんかい【勧業博覧会】

明治政府が殖産興業の一環として行った官営事業の一つ。1873年の内務省設置以後,政府の工業化政策の重点が官業から民業の育成へ移り,アメリカ,フランス,オーストラリアなど海外の博覧会への参加や,内国勧業博覧会の開催(1877年第1回,81年第2回,90年第3回,いずれも上野公園,95年第4回京都,1903年第5回大阪)が相次いで行われた。そしてこれに刺激されて愛知県博覧会(1878),三重県博覧会(1880),宮城県博覧会(1880),京都府博覧会(1882‐83)などが相次いで開催され,84年には2府5県で13件,85年には2府6県で9件の博覧会が開催された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんぎょうはくらんかい【勧業博覧会】

産業の奨励を目的として開かれる博覧会。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勧業博覧会
かんぎょうはくらんかい

明治政府が産業振興のために催した内国勧業博覧会。第1回は1877年(明治10)東京の上野公園で開催され、以後、京都、大阪などで5回まで行われた。[梶 龍雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

勧業博覧会の関連キーワード長岡住右衛門(4代)サン=ジョバンニイルミネーション村上 九郎作殖産興業政策宮内 幸太郎加藤 平四郎石橋鋥之助岡部弥四郎村上九郎作岡崎 熊治宮口一貫斎戸田小兵衛小林作太郎梶山重次郎渡辺 幽香宮内幸太郎根本雪篷亀井至一細井丈助

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勧業博覧会の関連情報