仁恵法親王(読み)にんえほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁恵法親王 にんえほうしんのう

1244-1298 鎌倉時代,後嵯峨(ごさが)天皇の皇子。
寛元2年生まれ。京都の天台宗双林寺の静仁(じょうにん)法親王のもとで出家,法住寺にはいる。弘安(こうあん)7年親王となり,新熊野検校(けんぎょう)に任じられた。永仁(えいにん)6年4月12日死去。55歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android