コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁皎 にんこう

1件 の用語解説(仁皎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁皎 にんこう

873-959 平安時代前期-中期の僧。
貞観(じょうがん)15年生まれ。真言宗観賢(かんげん)に三論をまなび,のち延性(えんしょう)に灌頂(かんじょう)をうける。山城に成覚寺をひらき,天徳元年醍醐寺(だいごじ)座主(ざす)となる。深沙(じんじゃ)座主とよばれた。天徳3年11月23日死去。87歳。讃岐(さぬき)(香川県)出身。俗姓は秦。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

仁皎の関連キーワード小宮久美子ホーコン[1世]世宗スーパー堤防スーパー堤防事業旧大滝村小槻今雄貞純親王貞保親王真紹

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone