コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁科氏 にしなうじ

2件 の用語解説(仁科氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仁科氏
にしなうじ

信濃国安曇郡仁科庄より起る。『仁科岩城系図』によると,桓武平氏で,高望王の孫貞盛の子兼忠 (『尊卑分脈』では,兼忠は貞盛の甥にあたる) の子孫である。7代後の盛遠は,後鳥羽院北面の武士となり,承久の乱で討死にした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にしなうじ【仁科氏】

平安末期から戦国時代にかけて,信濃国安曇郡仁科御厨(現,大町市)を中心とした地域を根拠とした武士の一族。出自は平氏とするのが一般的であるが,ほかにもいくつかの説がある。信濃土着の時期については不明であるが,治承・寿永の内乱に際して,太郎盛弘,次郎盛家らが木曾義仲の軍に従っており,この時期には信濃に土着していたことが知れる。盛家の子盛遠は後鳥羽院に仕え,1221年(承久3)承久の乱に京方として参戦し戦死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仁科氏の関連キーワード威烈王大椎城青江物一字三礼古備前四句神歌神木入洛竹流し二句神歌半首

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone