コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁賀保挙誠 にかほ たかのぶ

2件 の用語解説(仁賀保挙誠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁賀保挙誠 にかほ-たかのぶ

1561-1624 織豊-江戸時代前期の武将。
永禄(えいろく)4年生まれ。出羽(でわ)由利郡(秋田県)仁賀保の土豪。由利十二党のひとり豊臣秀吉につかえ,関ケ原の戦いでは徳川方に属し,上杉景勝の属城庄内(山形県)菅野城を攻略。大坂の陣では淀城をまもり,元和(げんな)9年旧領仁賀保1万石の領主となった。元和10年2月14日死去。64歳。本姓は赤尾津。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

仁賀保挙誠

没年:寛永1.2.14(1624.4.1)
生年:永禄4(1561)
安土桃山・江戸初期の武将。仁賀保氏は小笠原氏の支流であり,出羽国由利郡仁賀保(秋田県由利郡仁賀保町)より起こり,由利十二党のひとつであった。挙誠は由利十二党の一員である赤尾津道俊の次男であったが,天正15(1587)年に仁賀保挙晴の養子となり,その家督を継いだ。18年豊臣秀吉より由利郡南部の3700石余の所領支配を認められた。関ケ原の戦の折には,徳川方についた。慶長7(1602)年には常陸国武田(茨城県勝田市武田)に移されて,5000石に加増された。さらに元和9(1623)年には,旧領仁賀保に戻り1万石を与えられた。<参考文献>『仁賀保町史』

(伊藤喜良)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仁賀保挙誠の関連キーワード柘植与一牧興相山岡如軒弘尊沢庵政常亀井玆矩仁賀保誠中仁賀保誠成仁賀保孫九郎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone