コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁賀保挙誠 にかほ たかのぶ

2件 の用語解説(仁賀保挙誠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁賀保挙誠 にかほ-たかのぶ

1561-1624 織豊-江戸時代前期の武将。
永禄(えいろく)4年生まれ。出羽(でわ)由利郡(秋田県)仁賀保の土豪。由利十二党のひとり豊臣秀吉につかえ,関ケ原の戦いでは徳川方に属し,上杉景勝の属城庄内(山形県)菅野城を攻略。大坂の陣では淀城をまもり,元和(げんな)9年旧領仁賀保1万石の領主となった。元和10年2月14日死去。64歳。本姓は赤尾津。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

仁賀保挙誠

没年:寛永1.2.14(1624.4.1)
生年:永禄4(1561)
安土桃山・江戸初期の武将。仁賀保氏は小笠原氏の支流であり,出羽国由利郡仁賀保(秋田県由利郡仁賀保町)より起こり,由利十二党のひとつであった。挙誠は由利十二党の一員である赤尾津道俊の次男であったが,天正15(1587)年に仁賀保挙晴の養子となり,その家督を継いだ。18年豊臣秀吉より由利郡南部の3700石余の所領支配を認められた。関ケ原の戦の折には,徳川方についた。慶長7(1602)年には常陸国武田(茨城県勝田市武田)に移されて,5000石に加増された。さらに元和9(1623)年には,旧領仁賀保に戻り1万石を与えられた。<参考文献>『仁賀保町史』

(伊藤喜良)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

仁賀保挙誠の関連キーワード福島正則コックス寛永武田信廉山本勘助グレバン福島正則仁賀保挙誠高台院福島正則

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone