コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁賀保 にかほ

3件 の用語解説(仁賀保の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仁賀保
にかほ

秋田県南西端,にかほ市北東部の旧町域。鳥海山の北斜面から日本海にいたる。 1955年平沢町と院内村,小出村の2村が合体して仁賀保町が発足。 2005年金浦町,象潟町と合体してにかほ市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にかほ

秋田県南西端、鳥海山の北麓にある市。電子部品産業と漁業が盛ん。平成17年(2005)10月に仁賀保(にかほ)町・金浦(このうら)町・象潟(きさかた)町が合併して成立。人口2.8万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仁賀保
にかほ

秋田県南西部、由利(ゆり)郡にあった旧町名(仁賀保町(まち))。現在は、にかほ市の北部から東部を占める地域。日本海に臨む。旧仁賀保町は、1955年(昭和30)平沢町と院内、小出(こいで)の2村が合併して成立。仁賀保の名は中世の仁賀保郷による。2005年(平成17)金浦(このうら)、象潟(きさかた)の2町と合併して市制施行、にかほ市となった。海岸沿いをJR羽越本線、国道7号が走る。気候温暖で稲作農業に適し、県内の乾田馬耕の先進地である。花卉(かき)栽培も行われている。中心地区の平沢には1940年(昭和15)東京電気化学工業(現、TDK)の工場が設立され、フェライト、セラミックコンデンサなどを生産してきた。平沢漁港はハタハタ漁で有名。院内油田があったが1995年(平成7)閉山。県指定無形民俗文化財に冬師(とうし)、伊勢居地(いせいじ)、釜ヶ台(かまがだい)の各番楽(ばんがく)がある。仁賀保高原には県営牧場やキャンプ場がある。[宮崎禮次郎]
『『仁賀保郷土誌』(1972・仁賀保町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仁賀保の関連キーワード秋田県にかほ市院内秋田県にかほ市黒川秋田県にかほ市金浦秋田県にかほ市芹田秋田県にかほ市冬師秋田県にかほ市飛秋田県にかほ市畑秋田県にかほ市馬場秋田県にかほ市平沢秋田県にかほ市水沢

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仁賀保の関連情報