コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁風一覧 じんぷういちらん

世界大百科事典 第2版の解説

じんぷういちらん【仁風一覧】

1732年(享保17)西日本に発生したイナゴの害による大凶作に際し,飢人に施しをした人々を賞するため刊行された施行(せぎよう)者名簿。35年幕領分のみ上・下2巻が刊行され,続いて36年(元文1)私領分も付録として刊行された。近世の災害時,公私を問わず施行はほぼ慣例化していた。とくに,飢饉時に飢人の大量発生をみる都市社会では享保の飢饉を契機に,富裕町人による組織的な施行が展開されるようになった。このため《仁風一覧》にならって,大坂で1837年(天保8)《仁風便覧》,京都で67年(慶応3)《仁風集覧》が刊行された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

仁風一覧の関連キーワード山科別院筒井村作兵衛若林強斎ワシントン山科別院山科本願寺手話言語条例をめぐる動き「真田丸」効果アークライト荒木田麗女

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android