仁風一覧(読み)じんぷういちらん

世界大百科事典 第2版の解説

じんぷういちらん【仁風一覧】

1732年(享保17)西日本に発生したイナゴの害による大凶作に際し,飢人に施しをした人々を賞するため刊行された施行(せぎよう)者名簿。35年幕領分のみ上・下2巻が刊行され,続いて36年(元文1)私領分も付録として刊行された。近世の災害時,公私を問わず施行はほぼ慣例化していた。とくに,飢饉時に飢人の大量発生をみる都市社会では享保の飢饉を契機に,富裕町人による組織的な施行が展開されるようになった。このため《仁風一覧》にならって,大坂で1837年(天保8)《仁風便覧》,京都で67年(慶応3)《仁風集覧》が刊行された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android