コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今堀誠二 いまほり せいじ

2件 の用語解説(今堀誠二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今堀誠二 いまほり-せいじ

1914-1992 昭和-平成時代の東洋史学者,平和運動家。
大正3年10月27日生まれ。今堀宏三,今堀和友の兄。昭和14年北京師範大の講師,26年広島大教授,のち広島女子大学長。中国社会・民衆生活を研究。原水爆禁止運動の理論的指導者で,原爆被害の追跡調査につくした。55年「中国封建社会の構造」で学士院賞。平成4年10月9日死去。77歳。大阪出身。広島文理大(現広島大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今堀誠二
いまほりせいじ
(1914―1992)

東洋史学者。大阪府生まれ。1939年(昭和14)広島文理科大学(現広島大学)史学科卒業。その後、中国、北京(ペキン)師範大学講師となり、中国の封建社会制度の研究を進める。1951年広島大学教授、のち広島女子大学(現、県立広島大学)学長となる。1949年広島平和擁護大会議長につき、原水爆禁止運動を積極的に推し進め、同運動の理論的指導者として、原爆の実態調査や広島大学平和科学センターの設立に尽力した。著書に『中国封建社会の機構』『原水爆時代』『毛沢東研究序説』『中国封建社会の構造』などがある。1992年10月9日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今堀誠二の関連キーワード池田温大塚恭男大庭脩佐藤長滋賀秀三斯波義信田仲一成殿内芳樹日比野丈夫増井経夫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone