今様薩摩歌(読み)いまようさつまうた

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今様薩摩歌
いまようさつまうた

岡鬼太郎(おにたろう)作の戯曲。2幕5場。1920年(大正9)10月新富座で、2世市川左団次、2世市川猿之助、2世市川松蔦(しょうちょう)らにより初演。薩摩侍菱川(ひしかわ)源五兵衛は、恋仲となって親から勘当された八幡(はちまん)神社の養子笹野(ささの)三五兵衛と千草屋(ちぐさや)の娘おまんの2人を預るが、女気のないひとり住まいに可憐(かれん)なおまんを迎えて、ふと心を動かされる。源五兵衛は、千草屋におまんを自分の妻にと申し入れるが、横恋慕を怒った三五兵衛と決闘。三五兵衛はついに源五兵衛に切られ、おまんもあとを追って自殺する。源五兵衛は女の恋心を知って自らの腹に刃(やいば)を突き立てる。並木五瓶(ごへい)の『五大力恋緘(ごだいりきこいのふうじめ)』に拠(よ)りながら、無骨な武士の心情の変化を巧みにとらえた新歌舞伎(かぶき)の代表作。[藤木宏幸]
『『現代日本戯曲選集1』(1955・白水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android