コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏国記 ブッコクキ

デジタル大辞泉の解説

ぶっこくき【仏国記】

中国の旅行記。1巻。東晋の僧の法顕著。仏教研究のため西域を経てインドを旅行したときの見聞録で、5世紀初めの各地を知る貴重な資料。法顕伝。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

仏国記【ぶっこくき】

中国,東晋(しん)の法顕(ほっけん)の旅行記。《法顕伝》とも。399年長安を出発し,西域経由で北インドに入り,中インド,セイロンの仏跡を巡り,413年に海路帰国した記録。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶっこくき【仏国記】

東晋の法顕ほつけんが経典を尋ねて西域・インドを遍歴したときの旅行記。一巻。416年完成。高僧法顕伝。法顕伝。歴遊天竺記伝。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏国記
ぶっこくき

法顕」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone