コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕組(み)債 シクミサイ

2件 の用語解説(仕組(み)債の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しくみ‐さい【仕組(み)債】

オプションスワップなどのデリバティブ要素が組み込まれた債券の総称。株価為替相場などが所定の水準に達した際に、利率償還期限などが変化する等の条件で発行される。金融機関が条件を設定して公募で発行する場合と、投資家の要望に合わせて組成する場合がある。リスクリターンの関係が分かりづらく、流動性・換金性も乏しい。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投資信託の用語集の解説

仕組債


金融派生商品を組み込んだ債券のこと。通常の債券のリスクは発行体が破綻する等によるリスクが考えられるが、仕組み債の場合、組み込んでいるデリバティブズ(金融派生商品)によっては、複雑でリスクも大きくなる傾向にある。

出典|(社)投資信託協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仕組(み)債の関連キーワードデリバティブ通貨オプションデリバティブ取引為替デリバティブデリバティブ(Derivatives)金融派生商品(Derivatives)派生商品(Derivatives)ウェザー・デリバティブ国際スワップ・デリバティブス協会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone