コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕組(み)債 シクミサイ

デジタル大辞泉の解説

しくみ‐さい【仕組(み)債】

オプションスワップなどのデリバティブ要素が組み込まれた債券総称株価為替相場などが所定の水準に達した際に、利率償還期限などが変化する等の条件で発行される。金融機関が条件を設定して公募で発行する場合と、投資家の要望に合わせて組成する場合がある。リスクリターンの関係が分かりづらく、流動性・換金性も乏しい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

投資信託の用語集の解説

仕組債


金融派生商品を組み込んだ債券のこと。通常の債券のリスクは発行体が破綻する等によるリスクが考えられるが、仕組み債の場合、組み込んでいるデリバティブズ(金融派生商品)によっては、複雑でリスクも大きくなる傾向にある。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

仕組(み)債の関連キーワードリンク債償還期限

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android