コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代明親王 よりあきらしんのう

4件 の用語解説(代明親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

代明親王 よりあきらしんのう

904-937 平安時代中期,醍醐(だいご)天皇の皇子。
延喜(えんぎ)4年生まれ。母は藤原鮮子(せんし)。中務卿(なかつかさきょう)となり,三品(さんぼん)にすすんだ。藤原定方(さだかた)の娘との間に源重光・保光・延光と荘子(そうし)女王の4子がある。承平(じょうへい)7年3月29日死去。34歳。初名は将観。名は「よしあきら」「よあきら」ともよむ。

代明親王 よしあきらしんのう

よりあきらしんのう

代明親王 よあきらしんのう

よりあきらしんのう

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

代明親王

没年:承平7.3.29(937.5.12)
生年:延喜4(904)
平安初期の皇族。三品中務卿。醍醐天皇と更衣藤原鮮子(伊予介連永の娘)の子。初名を将観といい,8歳のときに改名。右大臣贈従一位藤原定方の娘との間に,荘子女王(村上女御),源重光,保光,延光の4人をもうけたが,承平6(936)年3月妻を亡くしたのちは子供らをつれて定方の屋敷に移り住んだという(『大和物語』)。息子たちはいずれも源姓を与えられて臣籍に下り,公卿となっている。母が更衣であったことから皇位継承圏外にあり,そのためか比較的穏やかな生活を送っていたが,34歳でにわかに没した。死因は明らかでない。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

代明親王の関連キーワード平氏尊良親王皇族会議前中書王中務卿為子内親王高津内親王式明親王源周子三原王