コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

段思平 だんしへいDuan Si-p`ing; Tuan Ssup`ing

3件 の用語解説(段思平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

段思平
だんしへい
Duan Si-p`ing; Tuan Ssup`ing

中国,大理国の始祖 (在位 937~944) 。段氏は南詔国に仕えた白蛮系の有力氏族。南詔の末期,権臣が互いに王権を奪い合っていたが,段思平は大義寧国を号した権臣楊氏から王位を奪い,ターリー (大理) 城に都して大理国を開いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だんしへい【段思平 Duàn Sī píng】

中国,大理国の建国者。生没年不詳。在位937‐944年。段氏はタイ族白蛮系の有力氏族で,南詔でも重臣の地位を保持し続けてきた。10世紀はじめ,南詔が権臣楊干真に簒奪されるや,南詔の通海節度使であった段思平は挙兵して楊干真を追い,937年,即位して大理城に都し,大理国を建てた。その治世の間に,南詔時代の仏教文化をさらに発展させる基礎がつくられた。以後,彼の子孫は14世150余年と,3年の中断をはさんで,モンゴルの征服まで8世150余年の後理国の王位を継承した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

段思平
だんしへい

生没年不詳。中国の雲南地方に成立した大理(だいり)国の始祖(在位937~944)。父母の所伝はなく不明であるが、(じかい)の西岸大理県地方の出身らしく、大理国の前身である南詔(なんしょう)国第5代王閣羅鳳(かくらほう)の清平(せいへい)官大軍将段倹魏(だんけんぎ)の6世孫と伝えられる。段氏は白蛮(現在の白(ペー)族)系で大理県地方を本拠地とし、大理盆地の諸部族中の有力部族であったらしく、南詔国でも世々重臣に任ぜられているから、段思平はおそらくこの子孫に相違ない。南詔国の末期には、権臣の鄭(てい)氏、趙(ちょう)氏、楊(よう)氏が相次いで台頭して王位を奪ったが、通海節度使段思平が楊氏の大義寧(だいぎねい)国を倒して即位し、大理国を開いた。都をいまの大理市治に置き、王国の基礎を固め、仏教を信仰した。[藤沢義美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

段思平の関連キーワード大理大理南唐李煜ゲルマニウム大理国煕子女王代明親王良源

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone