令和2年7月豪雨(読み)れいわにねんしちがつごうう

知恵蔵mini「令和2年7月豪雨」の解説

令和2年7月豪雨

2020年7月3日以降、九州地方中部地方など西日本と東日本の広い範囲で発生した一連豪雨。同年7月9日、進行中の豪雨災害としては初めて気象庁が命名した。複数の地域で線状降水帯が発生して大雨が降り、熊本県長崎県佐賀県、福岡県、大分県長野県岐阜県などを中心に河川氾濫や土砂災害による甚大な被害が生じた。

(2020-7-14)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android