令和2年7月豪雨(読み)れいわにねんしちがつごうう

知恵蔵miniの解説

2020年7月3日以降、九州地方中部地方など西日本と東日本の広い範囲で発生した一連豪雨。同年7月9日、進行中の豪雨災害としては初めて気象庁が命名した。複数の地域で線状降水帯が発生して大雨が降り、熊本県長崎県佐賀県、福岡県、大分県長野県岐阜県などを中心に河川氾濫や土砂災害による甚大な被害が生じた。

(2020-7-14)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

令和2年7月豪雨の関連情報