コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊丹康直 いたみ やすなお

1件 の用語解説(伊丹康直の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊丹康直 いたみ-やすなお

1522-1596 戦国-織豊時代の武将。
大永(たいえい)2年生まれ。伊丹元扶(もとすけ)の子。享禄(きょうろく)2年本拠の摂津伊丹城(兵庫県)が落城し,伊勢(いせ)(三重県)にのがれる。永禄(えいろく)元年駿河(するが)(静岡県)の今川義元につかえ,のち武田信玄のもとで船大将となる。武田氏滅亡後は徳川家康にしたがい,駿河の船奉行となった。文禄(ぶんろく)5年7月21日死去。75歳。前名は雅勝(まさかつ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の伊丹康直の言及

【水軍】より

…甲斐の武田氏のように領国が海に面していない大名でも,近隣諸国との戦いのなかで水軍の必要性を認識し,奉行人に命じて海賊衆を募っている。そして,伊勢の小浜景隆を破格の加増を条件として招いたほか,かつて後北条氏の家臣であった間宮信高,今川氏に仕えていた伊丹康直らを召し抱え,海上での戦闘に備えている。徳川氏の場合,松平一族の中から水軍は得られなかったため,統一戦争の過程で,他の戦国大名の支配下にあった海賊衆を譜代として組織している。…

※「伊丹康直」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊丹康直の関連キーワード織豊時代安宅康重今井信俊大木知光佐知景則島友保津田隼人本庄慶秀本多光典正木正康

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone